保険会社の思惑とは

交通事故の被害にあった被害者の方が直接保険会社との示談交渉を行うのはもちろん可能です。というよりも、保険会社からすれば被害者の方と交渉したいと思っています。これは、専門的な知識が有していないからです。例えば、示談を成立させれば、仮に示談成立後に症状が悪化して治療が必要になった場合にしても、被害者の方が自分で対応するしかありません。つまり、いち早く示談を成立させてしまうのが保険会社の思惑そのものとなります。まだ治療が必要になる場合にしても、示談を成立する流れに持っていこうとするのが基本となります。

被害者の方からすれば親切丁寧であるとイメージしてしまうものの、思惑を悟られないようにしているのが事実です。弁護士が介入した場合は全く話が異なります。専門的な知識と経験を有している弁護士であるからこそ、保険会社としても適切な対応を余儀なくされて、満足ができる結果に繋がっていくものです。

弁護士に依頼をすればお金こそかかってしまうものの、かかる費用以上の効果を得られる可能性は非常に高いです。保険会社は示談交渉のプロフェッショナルであるのは間違いありません。だからこそ、こちらもプロフェッショナルを立てて対応するのが望ましいといえます。