弁護士と示談交渉

交通事故の被害にあった被害者は、加害者や保険会社と示談交渉をしないといけません。この示談交渉が大きなポイントになるのは間違いなく、そして被害者は自身が対応するのは難しいといえます。慰謝料の相場はおおよそで決まっているものの、自賠責保険基準と任意保険基準と弁護士基準の3つの慰謝料の算出方法があるのが肝です。慰謝料の金額は算出する基準によって大きく異なり、自賠責保険基準が最も低くて弁護士基準が最も高くなります。弁護士基準の慰謝料は赤い本と青本を参考し、本当の意味で妥当な金額を算出できるのが大きいです。自賠責基準に近ければ不誠実な金額となってしまうと考えて問題ありません。

加害者や保険会社との示談交渉を行うにあたって、弁護士基準が最も高いのだからこそ、当然ながら弁護士に依頼した方が良いといえます。お金の問題が全てではないものの、少しでも高く慰謝料を貰えるのならと考えるのは至極当然です。怪我の程度がひどくなるにつれて弁護士に依頼する意味は大きくなっていきます。

弁護士に依頼するかどうかは別として、まずは弁護士に相談をした方が良いのは間違いありません。今の時代においては、相談料が無料で着手金がない弁護士事務所も少なくないからこそ、まずは相談からスタートすべきです。